ドラッグストア事業

カワラヤドラッグでは、・医薬品・化粧品・に力を入れ、また日用品、食品、お菓子、タバコ等も取り扱い、皆様に楽しくお買い物していただけるようスタッフ全員一丸となって頑張っています。

 

店頭では、ひとり一人のお客様を大事にし、悩みや要望に親身にお応えし、推奨品の紹介など少しでも健康のお手伝いをさせていただくことで、
お買い物頂いたお客様が、もう一度お店に来たいと思われるようスタッフ全員が元気で笑顔の絶えないお店作りに頑張っています。

03
05

海外事業

日本の優れた商品の輸出と複雑な通関業務の代行を通じて、メーカー様や小売業様のコストと手配を節約する。

輸出事業  

Ⅰ.日本のベスト化粧品、日用品、健康食品を中国、香港、タイワンなど地域に輸出する。

「一帯一路」のスローガンを順応する。

Ⅱ.日本の大手メーカー、ディーラーの優良製品を混載コンテナで香港と中国本土の保税区に輸送して、コストを大幅に節約して、効率を高まる。  

Ⅲ.中国の法律及び政策を厳格に守り、個人小包郵送の方式で正常通関手続きを行って、B2Cのモードで合理的なクロスボーダー貿易を行う。 輸出代行事業  現在、わが社は中国側の法律や規制が厳しく、輸入するのが困難の現状に基いて、通関代行の業務をやっている。

Ⅰ.カワラヤは香港で協力の倉庫があって、通関の方式も多様化し、短時間でも貨物を指定場所に輸送して、お客様の需要を解決できる。

Ⅱ.保税区で自分の事務所を持ち、分流の通関操作方法でお客様の貨物を中国本土に輸送できる。

以上の操作方法はすべて合法化である。

マルチメディア マーケティング

マルチメディアマーケティングは現在主なマーケティングの手段の一つで、ルート開拓や知名度の普及などに重要な役割を果たしている。
今年から、わが社は消費者にもっと我々の商品を分かるために、マルチメディア マーケティングを重点的に発展していく予定である。
ネット、テレビ、新聞、生放送、広告[広告はテレビ、新聞などを含むのでは?]など多様化のルートを通じて、消費者はブランド製品に興味を徐々に持っている[突然、消費者が主語となり、何を意味しようとするかわかりません。]から、ブランドの知名度を高める。

わが社はマルチメディアマーケティングの専門家チームを設けて、企画を作っている。まず、ブランド製品に位置をつけ、そして、市場での同類の製品や消費層に適切な分析をする。わが社はメーカーに適した普及方式を作成し、その多くはすでに成功した。
ということで、わが社の利点はルートの管理だけではなく、ルートの開発も含めている。それを通じて、ブランドは不有名から成功になる。

04
06

卸売事業

生産者やメーカーと小売業を繋げ、いわばパイプ役のこと。
新しい時代における卸売業の必要とする機能
近年、メーカーや小売業者の大規模化などによる卸売業者の中抜きおよび電子商取引の普及により、小売業者やメーカーが単なるコスト削減だけではなく、より高度なSCM(Supply Chain Management)の実現、販売促進の強化、卸売業者は従来型のを中心とした

ビジネスモデルからサービス事業者として機能する[意味が通じない、修正できない]適切なビジネスモデルの構築が必要になっている。
現在の(株)カワラヤは以上四つの機能が備え、第五機能に向けて邁進している。